講師紹介

講師は現役の一流講師陣が在籍しております。
声楽・ピアノ・リトミック担当/特別講師
長村幸恵
郡愛子(藤原歌劇団)、横山修司(新国立歌劇場コレペティトゥール)、ガブリエルラ・トゥッティ、阪上和夫(大阪音大教授)に師事。数々の演奏会、リサイタルに出演。アジアクラシックコンサートにて新人賞。河合音楽コンクールにて最優秀指導者賞を受賞。各地でのリトッミク講演。各地幼稚園・保育園等での特別講座/歌唱指導。アニーやサウンドオブミュージック等のミュージカルへの合格者輩出。
音楽をする喜び、人に与える喜びを伝える演奏ができるように伝えたい。
声楽・ピアノ担当
大阪音楽大学声楽科、同大学専攻科修了。2005年〜2007年、パリ・エコールノルマル音楽院において奨学生として研鑽を積む。 大阪音楽大学新人演奏会、オペラにおいては「バ・タ・クラン」「ティレジアスの乳房」「ポッペアの戴冠」、「カルメン」「コジファントゥッテ」「フィガロの結婚」他、フォーレ「レクイエム」、ベートーヴェン「第九」のソリストとして出演。また、大阪、パリでソロリサイタルを開催する。第37回なにわ芸術祭新人賞、第30回フランス音楽コンクール第2位、第18回摂津音楽祭奨励賞を受賞。現在、京都女子大学、プール学院高等学校非常勤講師。日本ドイツリート協会会員。
歌は技術ではなく心で表現するモノ。皆さんも楽しみましょう!!
エレキギター・アコースティックギター担当
安川眞也
中学1年生の時にギターを始め、AN MUSIC卒業後、ROCK・BLUES・JAZZ・FUNKまで幅広く行っており、現在も様々なアーティストのサポート、レコーディングに参加する等、関西を中心に幅広く活動中。西野やすし氏・清野拓己氏に師事。
音楽はコミュニケーションの一つ。いろいろな言葉を使って楽しみましょう!
ピアノ・キーボード・作曲・編曲担当
5歳よりピアノを始める。高校に入りキーボードを弾き始め、大学入学と同時に本格的にバンド活動を始める。1991年ソニーレコードより『B#』でデビュー。アルバム2枚、シングル2枚発表後、脱退。大学生活に戻り、数多くのバンド、ユニット、アーティストサポートを行う。97年、音楽活動を休止し、派遣社員として企業を渡り歩く。2004年、宇井かおりとの出逢いをきっかけに、原点であるピアノを弾き始め、音楽活動を再開。現在、歌を大切にしている数多くのプロアーティストのライブサポート、アレンジ、レコーディング、制作等、精力的に活動中。また、高校の軽音楽部も含め、音楽の裾野を広げるべく後進の指導にあたっている。
「音楽と直結する」と、如何に楽しいか?
そのための方法を伝授出来ればと思います。
ヴォーカル・ピアノ担当
道上さとみ
青森県八戸市出身。国立音楽大学ピアノ専攻卒業。幼少の頃よりクラシックピアノに親しみ大学在学中より、ピアノ弾き語りの勉強をはじめる。オリジナルをはじめ、ポップス、ジャズのスタンダードなど、幅広いジャンルの音楽を、独自の感性で演奏する。ライブハウスや、ホテルラウンジでのピアノ演奏など東京都内を中心に幅広く活動中。
「音楽には他人の心を動かす力があります。」
一人でも多くの生徒さんに伝える事が 出来ればと思っています。
フルート・ピッコロ担当
坂田愛華
大阪芸術大学演奏学科卒業。卒業後に広島交響楽団と2回協奏曲を共演。第16回フルートコンヴェンションのコンクールピッコロ部門にて第2位入賞。フルート二重奏「Vif」・四重奏「rupinus」のメンバーとしてアンサンブルでの活動も積極的に行っている。フルートを浮穴智子、山本恭平、ピッコロを伏田依子、菅原潤、アンサンブルを待永望の各氏に師事。
徐々に曲が奏でられるようになるとドンドン音が楽しくなってきますよ!!
バイオリン担当
塩澤 健
相愛大学音楽学部卒業。関西を中心にオーケストラ、室内楽、ソロで活動。大和郡山市芸術協会員。
ご一緒に、音楽で毎日を心豊かにしましょう!
エレキギター・アコースティックギター・エレキベース・作曲/編曲担当
平山直樹
大阪音楽大学短期大学部ジャズ・ポピュラー科卒業在学中、エレクトリックギター、アコースティックギター各種奏法、バンドアンサンブル、コード理論を学ぶ。卒業後関西を中心に、アコースティックグループにてレストランやホテル内でのBGM演奏、その他ブライダルや各種イベント等幅広く活動中。
音楽は一生楽しめるものなので一緒に楽しく学んでいきましょう!
エレキギター・アコースティックギター・エレキベース担当
古泉一平
これまで数多くのメジャープロアーティストとの共演を務める。現在はアコースティックギターインスト奏者として関西圏を中心に活動中。ジャンルにとらわれる事なくサポートミュージシャンとしても幅広く活動中。
消極的な人ほど実は深い音楽を奏でられる方が多いんですよ!!
ヴォーカル・ピアノ担当
葛井ひかる
ヤマハ音楽院 ヴォーカル科卒業。弾き語り/DTM/バンドという多様な形態でライブハウス・レストラン・バー・音楽ホールなど関西を中心に様々な場所でライブ活動中。
明るく楽しく、歌っていきましょう!
ピアノ担当
上田友紀子
東京音楽大学付属高等学校を経て同大学ピアノ演奏家コース卒業。京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士(前期)課程を修了し、現在同大学院音楽研究科博士(後期)課程に在学中。第61回全日本学生音楽コンクール東京大会奨励賞、第24, 25回堺ピアノコンクール金賞、第6回横浜国際音楽コンクール、第23日本クラシック音楽コンクールなど入賞多数。東京音楽大学付属高等学校内にて推薦演奏会、トッパンホールにて成績優秀者による東京音楽大学ピアノ演奏家コースピアノ演奏会、学内卒業演奏会出演。2013年12月に日本芸術センターの推薦を受け、ニュースターコンサートとして神戸芸術センターシューマンホールにて初のソロリサイタル開催以降、毎年ソロリサイタルを行う。その他京都リレー音楽祭、ロビーコンサートなど様々な場で積極的に演奏活動を続けている。博士課程ではシューベルトの後期ピアノ作品をテーマに研究を進める。
音楽は、自分を表現するための大事な手段の一つ。みなさん一人一人にしかできない音楽を、一緒に探していきましょう!
ピアノ担当
上田恵津子
大阪教育大学特設音楽課程卒業。第1回カワイ音楽コンクール全国大会ピアノ部門中級の部委員長賞。第24回卒業演奏会出演。中学校、高等学校の教員免許を取得しており、市内公立中学校の音楽科教諭として8年間勤める。幅広いニーズに応じたレッスンを目指し美しい音作り、楽譜が読めること、自分らしい曲作りを大切にしています。
ピアノを通して、色んな音楽にふれ、心豊かな人に!音楽の素晴らしさを伝えられたらと思います。
ドラム担当
品川 宰
5歳からYAMAHAでエレクトーンなどを習い始め、12歳の時に初めてドラムに触れる。高校入学とともに本格的にドラムを始め積極的にバンド活動をしていく。高校卒業後専門学校ESPエンタテインメント,ドラムコースに入学。在学中のドラムコンテストでは、審査員特別賞を受賞するなど、上手いだけでなく、「人の心を動かす」ドラムを常に意識している。現在、関西を中心に活動するドラマーとし活躍中。
ドラムに興味があれば誰でも楽しめます!是非楽しみに来てください。
ドラム担当
中山大受
大阪音楽大学を卒業し、関西を中心に自身のバンドでの活動と様々なアーティストのサポート、レコーディングに幅広く参加している。パーカッショニストとしても活動をしている。
ドラムは初心者の方にでも楽しめる楽器なので、ぜひお待ちしております!